保険の契約の手続き

保険加入手続きについて

未分類


保険料は失効前と同じ?

2014年5月06日 - 23:56 | 投稿者 ほけんけいやくてつづき

保険料の支払いが滞ってしまった場合、解約返戻金や自動貸付の範囲内であれば、生命保険会社が自動振替貸付制度を使って料金の支払いを建て替えてくれます。この制度のおかげで料金の支払いが滞ってしまった場合でも保険の契約を継続することができますが、自動振替貸付の上限を超えてしまった場合には、払込猶予期間内に料金が支払われない限り、その保険の契約は失効してしまいます。生命保険の契約はその効力を失うことになり保障を受けることができなくなってしまいます。しかし、、一度失効してしまったからといって保険の契約そのものがなくなってしまうわけではありません。一定の期間内であれば料金を支払うことで、再び保険の契約を復活させることができます。
保険の契約を復活させるには、契約時に行った診査や告知、それに加えて失効期間中の料金を支払わなくてはなりません。その際には保険会社によって失効期間中の利息を請求される場合もあります。復活をした後の料金は値上げされるようなことはないので、その点では心配の必要はありません。
保険の契約は料金を支払うことで復活することはできますが、利息を請求されるケースもあり度々失効と復活を繰り返すようでは金額ではわずかかもしれませんが無駄が生じることになります。
もしも、料金の支払いが負担であるような場合には、一度保険の契約についてよく考え直し、現在の経済状態に合った保険への乗換えをしてみるのもひとつの手段です。

カテゴリー 未分類 | 保険料は失効前と同じ? はコメントを受け付けていません。

失効期間中の保険料の払込が必要

2014年5月06日 - 23:55 | 投稿者 ほけんけいやくてつづき

保険料の滞納などによって保険契約の効力が失われてしまった状態のことを「失効」とよんでいますが、この失効から一定の期間内であれは、「復活」を請求することによって、保険契約をもとの有効な状態に戻すことができます。
その場合には、復活請求手続きのための書面を保険会社に送付するとともに、医師の健康診査を改めて受け直し、契約が継続できる健康状態であることを証明する必要があります。
それに加えて重要なポイントが、失効期間中の保険料の払込が必要であるということです。
保険会社または契約していた保険の種類によっては、失効により保険料が支払われなかった期間をもとに積算した利息まで請求してくることがあります。
また、保険会社が保険金の支払いなどの契約上の責任を開始する日のことを「責任開始日」とよんでいますが、通常、書面の提出や健康診査の受診だけでは開始せず、滞納分の保険料などがすべて支払われたことを保険会社が確認してからとなります。
この責任開始日よりも前に発症した病気が原因で亡くなったり重度の障害を負った場合には、たとえ保険契約が復活したとしても、保険金が支払われない可能性もありますので、早めに所要額を支払うということが重要になります。

カテゴリー 未分類 | 失効期間中の保険料の払込が必要 はコメントを受け付けていません。

医師の診査と告知が必要

2014年5月06日 - 23:54 | 投稿者 ほけんけいやくてつづき

生命保険などに加入をする際、ただ契約をしただけでは保険による保障が開始されることはありません。実際に保険による保障が開始されるまでには、保険会社による審査が行なわれることになってるからです。この審査の目的としては、将来的に保険金の支給の可能性の高い人物の保険への加入を制限することになります。なぜならば、将来的に保険金の支給が必要となりそうな人物を保険へ加入させた場合、他の健康な加入者との公平さが失われてしまうからです。同じ保険料を支払っているにもかかわらず、保険金を支給される人とされない人が混在していると保険料の負担の面から考えると非常に不公平となってしまいます。
そのため、保険による保障が開始される前の段階で告知書による審査が行なわれることになります。告知書には過去の病歴や現在の病歴などを正確に記載して保険会社に提出することが求められます。万が一、その内容に虚偽の記載が認められた場合には、保険の契約そのものを拒否されることになります。そのため、たとえ自分の健康状態に不安な面があるとしても、嘘偽りの内容を記載しないことが大事です。
また、高額の保障を受けられる保険の場合には、上記の方法の他に医師による診査や健康診断書の提出が求められるケースもあります。

カテゴリー 未分類 | 医師の診査と告知が必要 はコメントを受け付けていません。

契約の失効と復活

2014年5月06日 - 23:53 | 投稿者 ほけんけいやくてつづき

保険契約を有効に維持するためには、あらかじめ月払い、年払いなどにより定められている保険料を、確実に期日まで保険会社に払い込む必要がありますが、もし払込みが滞ったまま所定の期間が過ぎてしまうと、将来に向けて契約の効力は失われてしまいます。これを保険契約の「失効」といい、死亡、傷病などの万が一のできごとがあった場合にも、もはや保険金は支払われません。
ただし、保険会社や保険の種類などによっては、契約が効力を失う前に、保険会社が滞納相当の金額を自動的に契約者に貸し出す「自動振替貸付」や、保険期間のみを縮小した従来と同等の保障内容の定期保険に切り替える「自動延長定期保険」などのサービスを行っていることもあり、この場合にはひとまず保障が継続されます。
さて、このようにして保険契約の効力が失われた場合であっても、その時から1年、3年などの保険会社が定める所定の期間内であれば、保険契約を再びもとの状態に戻すことができます。
これを保険契約の「復活」といい、通常は保険会社の指定医師による健康診査を受け、健康状態をチェックして告知した後、所定の金額を一括して保険会社に振り込む手続きをとることによって可能となります。
ただし、この際の健康状態によっては認められない場合もありますので、保険料の滞納には注意を払う必要があります。

カテゴリー 未分類 | 契約の失効と復活 はコメントを受け付けていません。

自動振替貸付制度と契約者貸付制度

2014年5月06日 - 23:53 | 投稿者 ほけんけいやくてつづき

保険料の払い込みはできなくなった際に活用できるのが自動振替貸付制度です。
保険料には払込猶予期間があります。
月払いのケースの例では払込期日の翌月1日から末日までとなり、その月の振り替えができなかった場合に翌月に2ヵ月分の保険料の引き落としとなります。
この猶予期間を過ぎても保険料の払い込みがない場合に自動的に解約返戻金の範囲から振り替えられます。
注意点としては契約の際にあらかじめ適用で申し込みことと、解約返戻金のある保険でしか利用できないことです。
定期保険などにはこの制度を活用することはできません。
未払いの保険料が解約返戻金を超えた場合も同様、返戻金の範囲内で自動的に貸し付けるものです。
また、急な資金の必要性で活用できるのが契約者貸付制度です。
こちらも契約返戻金が担保となるのですが、個人年金保険や終身保険など保険によって貸し付け可能額が異なりますが、7~9割で貸し付けています。
この契約者貸付制度の利点は貸し付け利率が低い点です。
同じカードローンで借りるよりも金利は低く、予定利率や保険会社によって異なりますが、3%台後半が相場です。
貸し付けていますから、返済しないと将来の受け取る金額にも影響しますが、返済期日がなく余裕のある時に返せる点もメリットです。

カテゴリー 未分類 | 自動振替貸付制度と契約者貸付制度 はコメントを受け付けていません。

責任開始日のタイミング

2014年5月06日 - 23:52 | 投稿者 ほけんけいやくてつづき

消費者が金融機関で何らかのローンを組む場合、融資を受けるにあたっては必ず所定の審査に通過しなければなりません。融資を希望する消費者の返済能力や信用力を詳しく調べておくことが、貸倒れのリスクを回避するために必要不可欠なことだからです。
それと同じように生命保険に加入する場合にも、金融機関と同様の審査が行なわれます。たくさんの加入者たちから集めたお金を運用し、本当に必要な人たちのためにお金を役立てるというのが生命保険の存在意義となっています。そのため、将来的に保険会社が保険金の支給を行なう可能性の高い人物については、保険への加入はできるだけ避けたいというのが保険会社側の本音です。そのため、加入を申込んでから実際に保険の契約上の責任が開始される前に審査を行なう必要があるのです。告知書には被保険者となる人物の現在の健康状態や過去の健康状態などを記載する必要がありますが、仮に虚偽の内容を提出した場合、告知義務違反となり契約そのものを断られてしまうのでくれぐれも虚偽の内容を記載せず、ありのままの内容を記載することが大事なことになってきます。告保険会社の審査に通過すると保険の契約が始まることになりますが、この保険の契約の始まる日のことを責任開始日といいます。
また、保障金額が高額の契約の場合には健康診断書の提出や医師による診査が必要になるケースもあります。

カテゴリー 未分類 | 責任開始日のタイミング はコメントを受け付けていません。

告知と告知義務違反

2014年5月06日 - 23:51 | 投稿者 ほけんけいやくてつづき

「告知義務」という言葉をご存じですか?
保険に加入する時に、必ず正直に伝えないといけない内容のことです。
生命保険なら「今治療中か否か」「過去に大きな病気をしたことがあるか」「健康診断で引っかかったことがあるか」などがこれにあたります。
(具体的な文言は保険商品によって異なります。また最近は、加入条件を緩やかにした「持病があっても入れる保険」が話題になっていますね)
保険に入りたいがために、事実と異なる内容を伝えてしまうことを「告知義務違反」と言います。
違反が発覚すると、保険契約自体が破棄されますし、それまで払った保険料も返ってはきません。
「嘘をついて加入したのだから」という、一種のペナリティとも言えるでしょう。
くれぐれも、事実と異なることを申し出ないようにしましょう。
よくある間違いが、健康診断で引っかかったことに気づかず(または意図的に隠して)生命保険に入ろうとするパターンです。
健康診断の判定基準は病院によって異なりますが、最終的には保険会社の医師(社医)が自社の基準にのっとって判断します。
ただ、健康診断で「要治療」「要精密検査」の異常がある場合は、それを否定する別の証拠がない限り、加入できないか保険内容が制限される(○○の病気は支払い対象外という制限)可能性が高いです。
健康診断で引っかかってから慌てて生命保険に入ろうとするのではなく、早くから準備をしておくことが大切ですね。
「生命保険は若いうちに入った方がいい」と言われるのも、若いうちは病気になりにくく、健康診断で引っかかることも少ないからです。
「自分はまだ大丈夫」と思わず、まだ大丈夫なうちに生命保険への加入を考えておきましょう。

カテゴリー 未分類 | 告知と告知義務違反 はコメントを受け付けていません。

約款とご契約のしおり

2014年5月06日 - 23:51 | 投稿者 ほけんけいやくてつづき

保険の勧誘にあたっては、一般に「約款とご契約のしおり」としてセットになった、保険商品の内容に関する説明や契約条件の細目を記した書面を交付され、保険募集人からはこの書面にしたがい、知識や資産状況に応じた程度による説明が行われます。
これらは合理的な判断のもとに自分にあった正しい保険商品を選択する上での助けになるとともに、契約後も保険金支払いの条件などを確認するために必要な書類です。
この中には、金融商品取引法の規定による「契約締結前交付書面」として、契約を締結する前に必ず交付しなければならないとされている契約概要や注意喚起情報といった重要項目が含まれています。
この契約概要には、商品の種類や仕組みのほか、保険により補償される傷病や損害などの範囲、本体の契約にあわせて付加することができる特約の内容、保険金の金額、免責事項として保険金が支払われない場合の取り決め、配当金の金額、解約返戻金の金額などがあり、注意喚起情報としては、契約時に過去の病歴や事故歴、職種などを契約者が告知しなければならない義務、免責によって支払われないケースの具体例、一定期間は契約を解除できるクーリングオフ制度の存在、解約に関する定めなどがあります。

カテゴリー 未分類 | 約款とご契約のしおり はコメントを受け付けていません。

保険契約に最低限必要な知識

2014年3月17日 - 6:21 | 投稿者 ほけんけいやくてつづき

自分自身のためや、家族の生活音ために保険契約ということをする人は多いものですが、意外とただ日常生活が安定すればいいということで知識もないままに加入してしまうという事もありえるので注意が必要です。
保険というものは必要なときに、必要なものが利用できるようになるということが必要ですから、最低限知識を持って自分自身がどういったものが必要になりえるのかというのをまず知るということから始めてみましょう。
たとえば、契約に関して、すぐに違う商品に目移りしてしまって解約をしてしまうということも想定されるわけですが、実はこういった解約ということに関していうと、それまで積み立てていたものがかえってくる金額が少なくなってしまうということが発生します。
ですから銀行などの定期預金ということと同じように、一度加入したら満期まで解約をしないで継続した契約が出来る様に心がけておくということが大事になるのです。
そのためにも、毎月の支払額というものについても、負担が大きすぎないかということを注意してみていくということが重要なのです。
安心のためだからということで高いお金を毎月無理して払うというのは、本末転倒でもあります。
自分がしっかりと生活を守れる生活費を維持したうえで、捻出できる費用を保険にあてるということがポイントなのです。

カテゴリー 未分類 | 保険契約に最低限必要な知識 はコメントを受け付けていません。